マーシロン28は太る? 効果・副作用と最安通販

マーシロン28は低用量ピルとして
日本でも有名なマーベロンと同じ成分で
ホルモンの含有量を低く抑えた超低用量ピルです。

マーシロン21との違いは
毎日飲む習慣をつけるため(飲み忘れ防止のため)に
プラセボ錠(薬効成分の入っていない錠剤)が7錠付いています。

毎日ちゃんと飲む習慣を付けたいのであれば
やっぱり「28」がおススメですね。

ホルモン含有量を低く抑えているので
身体への負担を軽くしてくれて
副作用が起きるリスクも少なくなるといわれています。

つまり、太るといわれているピルの副作用だって
改善されているという事です。

マーシロンの成分は
黄体ホルモン『デソゲストレル 0.15mg』
卵胞ホルモン『エチニルエストラジオール 0.02mg』
となっており

マーベロンの「エチニルエストラジオール」含有量 0.03mgに対し
0.02mgという超低用量になっています。

可能なかぎり副作用を抑えたいのなら
やっぱり超低用量ですね。


↑購入はこちら

飲み忘れ防止のプラセボ錠がいらない方は
マーシロン21をどうぞ。

マーシロン21 ニキビは?太る?

 

▼マーシロン28の効果・特徴
経口避妊薬(超低用量ピル) 。
黄体ホルモン『デソゲストレル』及び
卵胞ホルモン『エチニルエストラジオール』
のはたらきによって卵巣が大きくなることを防ぎ
排卵の機会を妨げる効果が期待できます。

低用量ピルとして有名なマーベロンの姉妹品であり
高い避妊効果はそのままにホルモン含有量を少なくし
できるだけ副作用のリスクを抑えているという特徴があります。

 

▼マーシロン28の飲み方
初めて使用する場合は
基本的に月経初日から飲み始めます。

1日1錠を、毎日できるだけ同じ時間に服用し
21日間服用し続けます。

22日目からは飲み忘れ防止のための
プラセボ錠(薬効成分の入っていない錠剤)を
1日1錠、7日間服用します。

以上、1シート分28日間を一周期とし
29日目からは次の周期に移りますので
新しいシートに移り、同じように服用しましょう。

マーシロン女性画像

 

▼マーシロン28の副作用
黄体ホルモン「デソゲストレル」は副作用が生じにくいといわれており
卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」の含有量を
極力抑えているので副作用は出にくいとされています。

しかし、お薬ですので全く副作用が無いわけではなく
人によって症状は違ってくるものです。

主に報告されている副作用としては
吐き気、頭痛、体重の増加、乳房の張り、乳房痛
点状出血、不正出血、不安などがあります。

これらの副作用は一時的なホルモンバランスの変化によるもので
ほとんどの症状は服用を続けることで改善されます。

ただ、症状がおさまらなかった場合や
ひどく異常を感じた場合はただちに服用をやめて
医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

▼マーシロン28の口コミ
あくまで使用者の私見ですので、必ず専門機関で相談してください。


マーベロンで副作用の症状がひどかったので変更してみました。
コスパに優れているからいいですね♪


いろんなピルを使っていたのですが
敏感肌のせいでひどい肌荒れになっていました。
マーシロンに変えてから肌荒れがましになり
時間にシビアなところは仕方ないですが満足してます。


特に副作用もなく安全に使っています。
旅行が好きで旅行に合わせて周期調整してます。


私にはマーシロンが一番合っているようで
ひどい副作用も無くイイカンジです。
個人輸入は安くて助かります ^^

 

口コミを見ていると副作用が気になって
他のピルから乗り換える方が多いように感じます。

また、個人輸入は自己責任での使用になっていますが
価格がかなり安価なので利用も多く感じられます。

しかし、ネット通販は実際に粗悪な商品を送りつけたり
ひどい場合は商品が届かなかったりする詐欺被害があるのも事実です。

以前ニュースにもなっていましたが
医薬品の通販は特に危険度が高く
粗悪な薬を知らずに服用するのはかなり怖いですよね。

ですので、まずは確実に信用できる業者から
通販購入することが必須になってきます。

当サイトで紹介しているマーシロン28は
多くのサイトや業者をチェックして
安心できる最安通販情報を紹介しています。

もちろん、送料・手数料込みでの最安通販情報です。


最安通販⇒ マーシロン28(Mercilon28)

日本でも有名なマーベロンの効果はそのまま期待でき
副作用をぐんと抑える事が期待できるので
今まで副作用に悩まされていた方には嬉しいですね!

また、同じ成分でホルモン含有量が多い
マーベロンの情報も紹介していますので
あなたに合った低用量ピルを探してみてくださいね。

低用量ピル マーベロン28

 

マーシロン28の注意点
高血圧・心臓病・肝臓病・腎臓病など持病がある方が長期間投与を行なう場合には服用前に医師に十分な相談しましょう。マーシロンには血液を固まりやすくする性質があるので、血栓が出来たり、悪化する可能性があります。それらの症状は喫煙であったり、年齢が関係しています。喫煙する方や40歳以上の方はリスクが高くなるので医師に相談するようにしましょう。