ヤーズは太る?効果と副作用 格安通販情報

yazuga1

ヤーズは第4世代のピルと言われる
新しい世代の経口低用量避妊薬であり
いわゆる超低用量ピルと呼ばれるものになります。

ピル特有の体重の増加やむくみなどを
できるだけ軽減するという目的で開発されており
月経困難症に効果があるという事で

アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に
認可されている医薬品です。

日本でも「ヤーズ配合錠」として
2010年11月に販売が開始されており

月経期間を短くするタイプのピルとしても知られています。

ヤズの有効成分は

合成卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.02mg
新種のプロゲスチンである「ドロスピレノン」を3mg含有という
超低用量ピルになっています。


↑詳細はクリック

 

▼ヤーズの効果及び特徴
月経困難症の改善が期待できます。

以前のピルは服用すると太ると言われていましたが
ヤーズは新しいタイプの超低用量ピルですので
体重の増加は軽減されている事が期待できます。

エチニルエストラジオールの含有量が0.02mgという
超低用量ピルで、サイクルが実薬24日+休薬4日の
28日周期になっているので休薬期間が短いという特徴があります。

そのため、その期間に見られがちな不快な症状が
緩和されることが期待できると言われています。

また、超低用量ピルですが時間を厳守すると
きちん避妊の効果もと期待でき
海外では避妊薬として認可されているピルです。

konojyosei1

 

▼ヤーズの飲み方
1日1錠を24日間服用し
有効成分が含まれていないプラセボ錠を4日間飲み続けます。

この28日間の服用期間を1周期として
29日目から新しいピルシートに移り、その後も同じように
サイクルを繰り返します。

ヤーズは休薬期間が少なく不快な症状が起こる期間も
緩和されるという特徴がありますが

超低用量ピルとして最低限のホルモンしか含まれていませんので
服用時間帯、飲み忘れ、休薬期間の厳守はシビアだと考えましょう。

 

▼ヤーズの副作用
飲み始めのためホルモン環境が変化し
以下の副作用が起こる可能性があります。

不正出血(生理以外の出血)、乳房の張り・痛み
吐き気などの胃腸障害

これらの副作用はしばらく服用を続けることで
身体が慣れてきて治まってくる副作用とされています。

ただ、人によってはひどい症状になったり
いつまでも副作用がおさまらないという場合が
ひょとするとあるかもしれません。

そのような場合は医師に相談し
その指示に従うようにしましょう。

 

▼ヤーズの口コミ・評判
あくまで使用者の私見ですので、必ず専門機関で相談してください。


婦人科で処方してもらっていたのですが
あまりに高いので個人輸入を利用しました。
先生にも相談しているので安心です。


とにかくコスパがいいので魅力的。
国内で処方されているものと特に変わったところはありませんし
ずいぶんと生理が楽になるのでありがたいです。


以前は違うピルを使用していたのですが体重が増えて困ってました。
でもヤーズはもう3シート目ですが特に体重の増加もなく
副作用も少ないのでとても重宝しています。


超低用量のピルは副作用も少ないですし
うっとうしい症状をイロイロ改善してくれるので手放せません。
その分、リーズナブルな値段でないと
なかなか続けられませんから個人輸入が必須なんです。


違うピルでニキビがすごく出たのですが
これはニキビがかなりマシになったので嬉しいです。
安いのはやっぱり超魅力。

 

口コミを見ていると
個人輸入の低価格にみなさん満足されているようですね。

また、超低用量ピルは比較的副作用が少ないのかな?
と、考えられる意見も多いように感じられます。

さて、そんな人気の高いヤーズですが
基本的にピルはある程度の期間飲み続けるものですので
できるだけ格安で購入したいって思うのは当然です。

婦人科などで処方してもらう事もできるのですが
その値段にみんなビックリですよね。。。

ですので、個人輸入という形を取る方が多いんですね。

ただ、ネットでの通販は詐欺的な業者も多く
ニセモノや粗悪なヤーズを送りつけられる危険もあります。

極端に安すぎる医薬品などは要注意と考えましょう。

当サイトは、多くのサイトや業者をチェックして
格安で通販購入できる情報を紹介しています。

もちろん、送料無料での格安通販情報になっています。


□格安通販購入⇒ ヤズ(Yaz)

副作用や太ったりむくみなどの
鬱陶しいイヤな症状が少ないと言われる
超低用量ピルのヤーズで月経困難を改善しちゃいましょう。

ヤーズの注意点
ピルには血液を固まりやすくする性質があるために血栓が出来たり、悪化する場合もあります。またこのような症状は年齢やたばこなどが関係しています。40歳以上の方やタバコを吸う方はそのリスクが高くなるので医師に相談し、指示に従うようにして下さい。他の医薬品を服用している方は事前に医師と相談の上、使用するようにして下さい。ご購入は自己責任です。