低用量ピルとは?メリットとデメリットを理解しよう

助手画像

「低用量ピル」と耳にしますがそもそも低用量ピルとはどんなものなのか?

また、避妊効果はもちろんの事それ以外でもメリットやデメリットはあるのか?

低用量ピルを飲み続ける事によって何かリスクや重篤な副作用があるのかどうか?

などなど
低用量ピルを服用するための疑問をいくつかまとめて見る事にしました。

 そもそも低用量ピルとは?


ピルは女性ホルモンの働きを利用した避妊薬になります。

女性の卵巣でつくられる「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の作用を利用して排卵を抑制し子宮内膜の増殖を抑制し、頸管粘液を変化させ精子の進入を阻止するなどの効果が期待できるものです。

ただ、ホルモン含有量によって気分が悪くなったりむくみなどのイヤな副作用が出てきます。

「低用量ピル」というものは、避妊効果をそのまま保つためぎりぎりのところまでホルモン含有量を少なくして副作用を抑えるように作られたピルになります。

ちなみに「高用量ピル」は
ホルモン含有量が50マイクログラムを超えるもので

「中用量ピル」は
ホルモン含有量が50マイクログラムもので

「低用量ピル」は
ホルモン含有量が50マイクログラム未満のものを指します。

 低用量ピルの効果やメリットは?


低用量ピルは当然ですが避妊を目的に開発されたお薬です。

ですので、本来は避妊目的で服用することになりますがいわゆる副効用が確認されているます。

以下にピル服用時の副効果を紹介しておきます。

 

【月経関連の副効用】
月経困難症の軽減、月経不順の改善、子宮内膜症の予防と改善

【ホルモンバランスの改善による副効用】
月経前症状(PMS)の軽減、ニキビや多毛などの改善、更年期障害の軽減、骨粗しょう症の予防

【排卵を抑えることによる副効用】
卵巣嚢腫の減少、卵巣がんの予防、子宮外妊娠の減少

【長期服用による副効用】
子宮体がんの予防、骨盤内感染症の予防、乳房良性疾患の予防

 

以上のような副効用が確認されていますので
これらは避妊効果以外のメリット作用と言えるでしょう。

 低用量ピルの副作用やリスクは?


ピルを服用し始めた時、吐き気やむかつき、頭痛、むくみ、乳房の痛みなど初期妊娠のような症状を起こす場合があります。

また、本来ニキビを抑える効果が期待できにも関わらず沢山のニキビが出てきたり、体重の変化が起こる場合もあります。

これらの症状はホルモンバランスの変化によって起こったピルによる副作用ですが、一過性のものが多くしばらく服用し続けると治まる場合がほとんどです。

そんな副作用の中でも、低用量ピルを服用する場合体重の増加をかなり気にする方が多いですが「ピルを服用すること」自体で太ることはまずありません。

体重の増加は副作用による食欲増加によるもので低用量ピルはそれらの副作用も出にくいように開発されています。

ただ、どうしても副作用に悩まされる場合は違う種類の低用量ピルに変えると治まる事もありますので医師に相談してみるとよいでしょう。

また、低用量ピルはギリギリまでホルモン含有量を抑えているために、服用時間がずれると不正出血を起こす可能性が高くなります。

極端にいいますと、1時間のズレも起こさないように毎日服用することがいいと言えます。

当然ですが、飲み忘れには十分注意しなければ避妊効果も期待できません。

さて、低用量ピル服用の際、最も重篤な副作用のひとつとして「血栓症」があげられます。

血栓とは血液の中にできる血の塊の事で、本来は止血の働きをしています。

ただ、血管壁がボロボロになっていると、血栓は溶解せずにそのまま血液の流れを止め、脳梗塞や心筋梗塞の原因になる場合があるのです。

ですので、血栓症の既往や家族歴がある場合には特にピル使用の前には血液凝固系の検査をしっかり受けておく必要があります。

以上のように
低用量ピルにはメリットやデメリットがあることが分かると思います。

女性のライフスタイルのしっかりとした管理から
ホルモンバランスの管理まで

低用量ピル使用の目的はさまざまですので
あなたに合った使用方法をしっかりと把握しておきましょう。

また、低用量ピルでも副作用がきついと感じる方には
さらにホルモン含有量を抑えた「超低用量ピル」もあります。

当サイトでは低用量ピルと超低用量ピルともに紹介していますので
よろしければチェックしておいてくださいね。

低用量ピルの種類

超低用量ピルの種類

 

低用量ピルの個人輸入について
低用量ピルを購入するには医師の処方箋が必要です。ただ、処方箋が無くても規定量の個人輸入が法律でみとめられています。しかし、あくまで使用は自己責任の上という事を理解して購入するようにしましょう。