ゲストデンとは

ゲストデン画像ピルの成分であるゲストデンとは
黄体ホルモンの一種で第三世代ピルとして区別されています。

大きな特徴としましては
アンドロゲン作用が抑えられ、SHBG(性ホルモン結合蛋白)の上昇
LDL(悪玉コレステロール)を上げることなく
HDL-c(善玉コレステロール)を
上昇させるという特徴を有しています。

・・・よくわからないですよね~(笑

アンドロゲン作用とはいわゆる男性ホルモンによる作用で

ニキビの悪化や皮膚の脂性、多毛症、抜け毛、男性化など
いわゆる以前から言われている
ピルのイヤな副作用といわれる症状になります。

ゲストデンは第三世代の成分として
アンドロゲン作用を抑える黄体ホルモン剤となっているのです。

更に簡単に言いますと・・・

ピルの副作用が出にくい

という事なんですね。

 

さてさて

ゲストデンは卵胞ホルモン薬と配合され
一部の経口避妊薬(低用量ピル)に使われています。

当サイトでもゲストデンを成分とした
副作用の少ないといわれる超低用量ピルを紹介しています。

⇒ メリアンED 最安購入

 

ただ、どの低用量ピルにも言える事ですが
使用し始めた時はホルモンバランスの変化によって
乳房の張りや痛み、不正出血などの症状が出る場合があります。

身体に負担がかかると感じた場合や使用前には
医師や専門家に相談することをおすすめしております。

ゲストデンについて
血栓症など持病や、アレルギーのある人は医師に伝え、他の医薬品を服用している場合は医師と相談の上指示に従って下さい。注意事項や副作用について専門家に十分説明を受け、薬の性質をよく理解し、納得のうえで使用するようにしましょう。海外輸入でお薬を購入・使用する場合は全て自己責任になりますのでご注意ください。