レボノルゲストレル 黄体ホルモン 副作用は?

悩む女性画像

黄体ホルモンであるレボノルゲストレルは子宮における着床を防ぎ、妊娠の始まりを避ける成分で信頼性 の高い、日本でも世界的にもポピュラーな避妊薬です。

緊急避妊薬としても使用されていて
望まない妊娠を妨げる役割をはたしています。

 

レボノルゲストレルは第2世代の黄体ホルモンであり
作用はやや強いとされています。

ただ、配合量を抑えることによって
薬としての子宮内膜活性は必ずしも強くないとされています。

また、ごく弱い男性ホルモン作用があるとされています。

さて、避妊薬としても有効性の高いとされている
レボノルゲストレルですが、注意点や副作用について

いくつか掲載しておこうと思います。

レボノルゲストレル服用時の注意点は?
日本では医師の処方が必要であり、保険が適用されません。海外から個人輸入で安価に入手可能ですが、自己責任の上で使用することになっています。避妊できる可能性が高いとされていますが100%阻止できるわけではありません。
レボノルゲストレルの副作用は?
使いはじめにはホルモンバランスの環境によって、いろいろな副作用が出てくる可能性が高いです。一般的にはにきびや吐き気等の胃腸障害、乳房の張りなどが報告されていますが、これらについては一過性の場合がほとんどだという事で、次第におさまるとのことです。ただ、いつまでたっても副作用がおさまらない場合や強い異常を感じた場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

レボノルゲストレルは卵胞ホルモン薬と配合され
一部の経口避妊薬(低用量ピル)にも使われています。

当サイトでもレボノルゲストレルが配合されている
低用量ピルを紹介しています。

トリキュラーED 送料無料

服用時間がずれたりすると
不正出血(生理以外の出血)が頻繁に起こる可能性が高くなるので
注意しましょう。

また、飲み忘れにも十分注意して下さい。

 

レボノルゲストレルの使用について
血栓症など持病や、アレルギーのある人は医師に伝え、他の医薬品を服用している場合は医師と相談の上指示に従って下さい。注意事項や副作用について専門家に十分説明を受け、薬の性質をよく理解し、納得のうえで使用するようにしましょう。