レボノルゲストレル 黄体ホルモン 副作用は?

悩む女性画像

黄体ホルモンであるレボノルゲストレルは子宮における着床を防ぎ、妊娠の始まりを避ける成分で信頼性 の高い、日本でも世界的にもポピュラーな避妊薬です。

緊急避妊薬としても使用されていて
望まない妊娠を妨げる役割をはたしています。

 

レボノルゲストレルは第2世代の黄体ホルモンであり
作用はやや強いとされています。

ただ、配合量を抑えることによって
薬としての子宮内膜活性は必ずしも強くないとされています。

また、ごく弱い男性ホルモン作用があるとされています。

さて、避妊薬としても有効性の高いとされている
レボノルゲストレルですが、注意点や副作用について 「レボノルゲストレル 黄体ホルモン 副作用は?」の続きを読む…

トリキュラーED【28】飲み方と副作用 送料無料の通販購入

トリキュラーEDは日本でもポピュラーでな
ホルモン量の異なる錠剤を三段階に分けた
三相性タイプの低用量避妊ピルになっています。

ホルモンの配合量が
6日→5日→10日と3段階に多くなっていくことにより
自然のホルモン分泌に近い形でホルモンの補充が可能です。

トリキュラーEDは日本でもバイエル社から

「トリキュラー錠28」
「トリキュラー21」

という名称で販売されています。

28と21の違いは、飲み忘れを防ぐための
プラセボ7錠があるかないかという違いです。 「トリキュラーED【28】飲み方と副作用 送料無料の通販購入」の続きを読む…