オイレズ 効果と副作用 送料無料最安購入

オイレズ(Oilezz)は自然なホルモン分泌パターンに似せ
総含有量を低く抑えられている第4世代の低用量ピルです。

1シート22錠で休薬期間が6日間、段階型二相性で
限界までホルモン量を下げているために
他のホルモン剤に比べると副作用が少ない特徴があります。

また、オイレズは肌の余分な皮脂を抑える働きがあると言われており
ニキビや肌荒れにも効果があるとされているため

多くの女性の間で人気が高い低用量ピルになっています。

マーベロンなどの低用量ピルでも副作用が気になる方が
段階型二相性であるオイレズを使用する場合も多いようです。


↑購入はクリック

 

▼オイレズの効果・特徴
避妊の効果や月経困難症の改善はもちろんのこと
副作用が少なく体重増加が起こりにくいといわれており
肌の余分な皮脂を抑える働きがあるために
ニキビや肌荒れを改善する効果が期待できます。

1シートは青い錠剤7錠と白い錠剤15錠による段階型二相性の計22錠で
6日間の休薬期間を含めて1サイクルになっています。

それぞれのホルモン含有量は以下になっています

[青7錠]
エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン) 0.040mg
デソゲストレル(黄体ホルモン ) 0.025mg

[白15錠]
エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン) 0.030mg
デソゲストレル(黄体ホルモン) 0.125mg

オレイズ画像

 

▼オイレズの用法・飲み方
月経初日に青色のタブレットから服用を開始し
毎日できるだけ同じ時間帯に1錠ずつ服用します。

青色のタブレット7錠を服用し終わると
翌日からは白色のタブレットを服用します。

青いタブレット1錠を7日間
白いタブレット1錠を15日間服用後
6日間の休薬期間(薬を飲まない期間)を含め
計28日が1クールになります。
(休薬期間に月経が来ます)

2クール目に入るときには
同じく青色のタブレットから服用を開始します。

休薬期間をおかずに2クール目に入ると
月経期間をずらすことができるのですが
ホルモンバランスを崩す恐れがあるため
必ず専門医に相談するようにしましょう。

 

▼オイレズの副作用
初めて低用量ピルを服用した場合
ホルモンバランスの変化によって
不正出血、吐き気・腹痛などの胃腸障害
乳房の張りや痛み等の症状が現れる場合があります。

これらの副作用は基本的には一過性のものですが
症状がひどい場合や大きな異常を感じた場合は
すぐに専門医に相談するようにしましょう。

また、使用開始後は定期的に乳房検診や
婦人科検診を受けることがすすめられています。

 

▼オイレズの口コミ
あくまで使用者の私見ですので、必ず専門機関で相談してください。


はじめは少し出血がありましたが
3シート目にはすっかり副作用もなくなりました。
ずいぶんと肌の調子が良くなったことがとても嬉しいです。


以前はマーベロンを使用していました。
オイレズに切り替えてからは副作用もなく非常に快適です。
体重が増える事もありませんしとてもいいのですが
値段が少し高いのでマイナス1ですね。。。


ニキビにいいと聞いて購入しました。
3シート目に入りましたがとても順調です。
今後はもっと美肌効果を期待したいと思います。


特に大きな副作用もなく使用しています。
価格がもうちょっと安ければと思うのですが
これが私にはぴったりのようなので手放せません。

 

レビューを見ていると
お肌の調子が良くなったという意見が見られます。

オイレズには皮脂を抑える効果があると言われているので
やはり美肌効果が高いのでしょうか。

ただ、効果も副作用も人によって違ってきますので
その点は注意しておきましょう。

さて、副作用も少なく
ニキビや肌荒れにも効果があると言われるオイレズですが
やはり長く使うにはできるだけ安価に購入したいものですよね。

ただ、おかしな業者から購入した場合
粗悪品が送られてくる場合などの詐欺行為が気になるものです。

ですので、当サイトでは多くのショップや業者をチェックして
販売実績が高く、しかも最安で購入できる情報を紹介しています。

当然ですが、手数料を含め
送料無料での最安購入情報になっています。


□最安購入⇒ オイレズ(Oilezz)

避妊の効果や月経困難症の改善だけでなく
副作用も少なく、美肌効果も期待できるオイレズで
すっきり快適に過ごしていきましょう。

オイレズの注意点
使用期間中に異常を感じた場合はすぐに使用をやめて専門医に相談して下さい。ピルには血液を固まりやすくする性質があるので、血栓が出来たり、悪化する可能性があります。またこのような症状は喫煙であったり、加齢が関係しています。喫煙する方や40歳以上の方はリスクが高くなるので専門医に相談し、指示に従うようにしましょう。また、高血圧、心臓病、肝臓病、腎臓病など持病がある場合、長期間投与を行なう場合は服用する前に専門医に相談してください。ご購入は自己責任です。